006

マンションセキュリティ

LINEで送る

マンションに於ける場所別防犯カメラ設置方法

<エントランス>

マンションの正面入り口になり、最も防犯体制に力を注ぐべき箇所の一つです。不正な侵入者を防ぐ為に出入りする箇所を確実に映すことが重要です。防犯カメラ設置においては、内側から外側に映す場合、逆光などで入ってこられる方の顔が見えにくくなるので、ワイドダイナミックレンジ(逆光補正)機能搭載のカメラを設置するとより良いでしょう。もちろんオートロックシステムなどの防犯システムとの併用も必要です。

<メールボックス>

ピンクチラシの投函や郵便物への放火、悪戯、不審物の投げ込み、投函違いなどの事例があげられます。防犯カメラ設置は入居者様全てのメールボックスがもれなく映るようにします。場合によっては2台以上の防犯カメラの設置も必要です。

<エレベーター内>

その使用は短時間ながらも密室であるので、特に女性が一人で使用する場合は不安に感じます。痴漢や誘拐、子供への声掛け等の事件が多発する場所でもあります。また落書きや破損などの悪戯も発生します。最近ではエレベータ前に内部の様子がモニタリングされている例も多くみられます。防犯カメラの選定に関しては、広角型タイプものを選定しエレベーター内全体が映しだせるカメラが望ましいでしょう。

<駐車場>

その監視範囲は比較的広く、殆どの場合は防犯カメラを複数台、さらには死角がないように設置し、防犯に努める事がよいでしょう。駐車場出入り口にも設置するとさらに効果的です。車両盗難や車上狙い、車両への悪戯などの事件が発生します。特に夜間に発生しやすい事から、高感度・高解像度のカメラを設置することにより、事件発生時の証拠映像として残すとよいでしょう。

<駐輪場>

マンション内で発生する犯罪の中で最も多い犯罪の一つが自転車の盗難です。複数台の防犯カメラを設置して駐輪している全ての自転車を映すようにしましょう。また駐輪場出入り口にもカメラを設置し、自転車盗難時に犯人がどちらに逃げたかがわかるようにするのも必要です。

<階段>

比較的狭い空間で人通りも少ない場合が多い為、痴漢や子供への声掛けが発生しやすい場所でもあります。また、最上階ではタムロされやすい場所にもなります。
全階に防犯カメラを設置する必要ないと思いますが、1-2階と最上階には設置するのが望ましいでしょう。

<ゴミ集積場>

資源リサイクル法によりゴミの分別が以前よりも厳しくなりました。その中で不法投棄や指定日外投棄、またはアルミ缶などの資源ゴミ盗難、そして放火と、この場所での事件発生も見逃せません。ゴミ捨てルール遵守の為にも防犯カメラの設置が必要です。またセンサーライト等も合わせて設置するとより効果的な防犯が実現します。

<マンション建物周辺>

空き巣を狙った犯罪では、マンション正面入り口から侵入する事はほとんどありません。代わりに非常階段や1階廊下またはベランダ、時には樋づたいに侵入してきます。その為建物周辺にも防犯カメラの設置が必要になります。設置注意点としては、プライバシーの侵害になるような設置は避けるようにします。
場合によっては忍び返しやフェンスなどの設備と併用した防犯対策が望ましいでしょう。

LINEで送る